お宮参り

数多くの赤ちゃん撮影に携わってきた熟練スタッフの手で、お子様の魅力をより一層引き出します。お子様のペースに合わせた撮影が可能です。パパママおじいちゃんおばあちゃん、ご家族そろってのご来店をお待ちしております。

― 料金 ―

レンタル衣装について

  ・撮影中レンタル無料!
  ・お出かけの場合、5,000円
  ・衣装のご予約できます。

― ピンク毬 ―                          ― 赤鼓 ―

― 黒兜 ―                            ― 黒鷹 ―

― ピンク毬 ―     ― 赤鼓 ―

― 黒兜 ―     ― 黒鷹 ―

QA

Q: 撮影の時間はどの位ですか?
A: 30~40分程度で終わることが多いです。ポーズ数や赤ちゃんのご機嫌によって、更に時間が掛かる場合もあります。

Q: 撮影中、赤ちゃんが寝てしまった場合は…
A: 経験豊富なスタッフが起こして撮影する場合が多いです。ただし、どうしても起こせないときは、再撮影をおすすめしております。再撮影による追加料金はございません。また、ご祖父様・ご祖母様など一同がお揃いでの撮影では、みなさまがまた集まることが難しい場合赤ちゃんが寝たまま撮影する場合がございます。

Q: お宮参り(初宮詣/はつみやもうで)とはそもそも何ですか?
A: 日本には、赤ちゃんの誕生を祝い、健やかな成長を願って、生誕約1ヵ月目に、神社にお宮参りをする風習があります。土地の守り神である産土神(うぶすながみ)さまに赤ちゃんの誕生を報告し、赤ちゃんを産土神さまの産子(うぶこ)として認めていただきます。一般的には、男の子は生後31,32日目、女の子は32,33日目に行うようですが、赤ちゃんの発育度やお母様の体力の回復、気候にあわせて、お祝いやお撮影される方が多いようです。
 コグレスタジオは、この「最初の一枚」を大切なものと考えています・・・
 誕生の喜びやお子様の成長を願う初心の気持ちを「かたち」に残し、家族の核になるよう、また家族の絆を深められるお写真に仕上げたいと思っております。

Q: 百日祝い(ひゃくにちいわい/ももかいわい)やお食い初めとは?
A: お食い初めとは、生後100日程経過した時点で、子供が一生食べるものに困る事がないように、赤ちゃんに初めて食べ物を食べさせるお祝いが「お食い初め」です。ちょうど生後100日頃なので「百日祝い」ともいいます。なお、離乳食がはじまるのが、生後5~6ヶ月頃ですので、実際に食べるのではなく、おはしを口に近づけるなど、食べる真似をします。 一般的には一汁三菜の「祝い膳」や鯛のお頭つき、お赤飯などを用意するのですが、各ご家庭で思い思いのスタイルを楽しまれてはいかがでしょう。この頃の赤ちゃんは、あやすと笑顔もでてきやすく、撮影に最適ですので、「百日祝い」でお撮影にご来店される方も多いです。

Q: 笑顔の赤ちゃん写真を残すにはいつが最適ですか?
A: 生後1ヵ月ですと、まだぼんやりした雰囲気です。ふいに笑ったりする“生理的微笑”がありますが、反射的なものなので、意図的にこの笑顔をひきだすのは簡単ではありません。2ヶ月~3ヶ月になりますと、“社会的微笑”といわれるあやし笑いが出てきますので、笑顔のお写真を残されたい場合はおすすめの時期になります。
 正式のお宮参りの時期にこだわる方、笑顔の時期にこだわる方、100日祝いにこだわる方、さまざまです。ご家庭でご相談されてみて下さい。

Q: お宮参りの撮影日は、どんな過ごし方がベストですか?
A: 当店では、お撮影後、お宮参りやお食事会へ行かれるお客様が多数いらっしゃいます。お宮参りなどが先ですと、どうしても疲れてぐずったり、眠ってしまう赤ちゃんもおられます。赤ちゃんのご機嫌がいい時間に撮影していただけると、よりよいお写真が残ります。また、お宮参りは別の日にすまされて、撮影日を別にする場合もございます。

Q: 神社でのご祈祷について教えて下さい。
A: ゆかりのある神社にお電話して、ご祈祷のご予約をします。初穂料(玉串料)として包む金額は神社によって異なりますが、5,000円から10,000円が目安でしょう。納める際にはのし袋に入れますが、赤と白の蝶結びのものを使用、表書きは「初穂料」もしくは「玉串料」と書き水引の下には赤ちゃんの名前を記入します。
 詳細は神社に問い合わせてみるとよいかと思います。なお、当店で一番多いのは、コグレスタジオから徒歩7分、「大塚駅前 天祖神社」です。

Q: 授乳やお着換えは可能ですか?
A: カーテンで仕切ってのスペースにはなりますが可能です。

ギャラリーはこちらから↓↓